「がん保険」は必要か? 「通常時」と「傷病手当金受給時」の「手取り収入の差額」から考える

「がんにかかるのは2人に1人といいますが…」 「がんでも社会保険制度があるから、そんなにお金はかからない?」 「がん保険には早めに加入すべき?」 昨今2人に1人ががんにかかると言われ、その数は年々増加傾向にあります。 この原因の1つが人口の高齢化です。 多くのがんが年齢が上がるにつれてかかる確率が高まるのです。 一方で、女性の子宮頸がんや乳がんなどは20代後半~40代にピークがあります。 目次 がんと診断された場合の「傷病手当金」を考える 通常時の手取り収入 「傷病手当金」受給時の手取り収入 「がん保険」は入れるうちに加入する がんと診断された場合の「傷病手当金」を考える もし、がんと診断されたら、まず何を考えますか。 がんと一言でいっても「がんの顔」は人それぞれ違いますので、もちろん治療法も異なります。 そして、もしもその治療が長引くものだったら生活はどうなるのでしょうか。 仕事をしている人は、治療のために休まなくてはならない場合もあるでしょう。 会社員であれば社会保険に加入していますので、最長1年半は「傷病手当金」が支給されます。 「傷病手当金」の支給額は毎月のお給料の2/3だと思ってください。 ここで気をつけたいのが 「あと1/3くらいなら貯金もあるしたぶん大丈夫だろう」 と安心してしまうことです。 通常時の手取り収入 具体的な数字を例に見ていきましょう。 例えば、毎月30万円のお給料をもらっている人がいます。 健康な時であれば、そこから 約10%の3万円が所得税・住民税 約15%の4万5,000円が社会保険料 として引かれています。 ということは、 …

Read More

女性専用の保険が販売されている「背景」と「理由」

医療保険やがん保険の中で、女性特有の病気を保障する保険や特約が数多く販売されています。 保障内容は、多くの場合で女性特有の病気になった場合に、保険金が上乗せされるというものです。 ではなぜ、女性専用の保険が販売されているのでしょうか。 ここでは女性専用の保険が販売されている背景や理由について解説していきます。 目次 女性特有の臓器に病気が発生しやすい 入院時のプライバシーを気にする女性が多い 女性特約を付加するかどうかは慎重に判断を 女性特有の臓器に病気が発生しやすい 女性保険や女性疾病特約がある理由は、女性だけが持っている臓器で重い病気が発症するケースがあるからです。 女性特有の病気には、以下のようなものがあります。 ● 乳がん ・ 子宮がん、子宮筋腫 ・ 卵巣がん、卵巣のう腫 ・ 帝王切開、切迫早産 など このように女性特有の臓器である乳房や子宮、卵巣においてがんなどの病気が発症する可能性があります。 中でも乳がんは、女性のがん罹患数において第1位、死亡数は第5位と、がんの中でも罹患率や死亡率が高いです。 ≪画像元:国立がん研究センター(pdf)≫ さらに子宮がんや卵巣がんなど、女性特有の臓器ではさまざまながんが発症する可能性があります。 がんは、症状が進行していた場合、入院や手術だけでなく放射線治療や抗がん剤治療などの専門治療が行われます。 そのためがんは、治療期間が長期にわたることもあり、高額療養費制度を利用したとしても、多額の医療費を自己負担しなければならないケースもある病気です。 また、乳がんの手術で乳房を切除した場合、乳房再建手術を受けられる方もいらっしゃいます。 加えてがんに罹患した場合は、抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまったときのためにウィッグを作成する人も珍しくありません。 このように女性は、女性特有の臓器において重い病気にかかったり、費用が膨れ上がったりする可能性があるため、女性特有の保険や特約が販売されています。 入院時のプライバシーを気にする女性が多い …

Read More

「認知症の妻の年金保険を解約したい」が不可の理由 指定代理請求人の注意点を解説します

民間の保険で重要な人と言えば、契約者と被保険者でしょうか。 あるいはそれが死亡保険なら、死亡保険金受取人を思いつく人も多いでしょう。 しかしもう1人、重要な人がいます。 それは、指定代理請求人です。 ここではその、指定代理請求人について掘り下げます。 目次 指定代理請求人とは 指定代理請求人になれる人 指定代理請求人による請求の注意点 指定代理請求人でも決して「できないこと」 「注意点」に意識を向けてリスク回避を 指定代理請求人とは まず、指定代理請求人がどういう立場の人なのかを確認します。 指定代理請求人とは、被保険者が受取人の場合で、受取人が保険金等を請求するのが困難な場合に受取人に代わって保険金等を請求できる人として、その保険の契約者によって指定された人です。 保険に加入する際、契約者は指定代理請求人1名を所定欄に記載しますが、指定代理請求人の指定・変更にあたって契約者は、被保険者の同意を得なければなりません。 指定代理請求人になれる人 指定代理請求人は、誰を指定してもいいわけではありません。 【指定代理請求人になれる人】 被保険者と以下の関係にある人  ・戸籍上の配偶者  ・直系血族  ・兄弟姉妹  ・同居または生計を一にしている被保険者の3親等内の親族 上記の他、被保険者の財産管理を行っている人や死亡保険金受取人など、保険会社が認めた人 さらに、請求時においても上記の範囲でなければなりません。 指定代理請求人による請求の注意点 受取人が保険金等の請求を行うのが困難な場合>としては、 ・ 被保険者が重い病気にかかったとき、身体障害状態・高度の障害状態になったとき ・ …

Read More

医療費対策は「保険」より「貯蓄」! 「医療保険」に加入しない理由と「医療用貯蓄」をする理由

保険が社会のさまざまなリスクに対して、経済的損失を補う非常に有効なツールであることは間違いありません。 しかし、一方で保険料という大きな出費を背負わされることにも注意を払わなければなりません。 なかでも、国民の多くが加入している民間の医療保険については賛否が分かれますが、1度立ち止まって再考する必要があります。 目次 医療保険の加入を否定する人の主な意見 否定の理由1:平均入院日数の減少傾向 否定の理由2:高額療養費制度の存在 否定の理由3:約款主義 医療費対策は「保険」より「貯蓄(預金・貯金)」 自分の医療用預金口座を開設 個人での積立は自由度が高い 自由度の高さ(1) 自由度の高さ(2) 自由度の高さ(3) 貯蓄は100大疾病保険 不払いリスクはありません 資金の流動性が確保される 医療保険の加入を否定する人の主な意見 医療保険への加入を否定する人たちの意見を集約すると主に以下の3つになります。 否定の理由1:平均入院日数の減少傾向 近年の医療の進歩または病院側の経営上の理由などもあって、平均入院日数は明らかに減少傾向にあります。 これは保険商品の根幹を直撃する不利なデータです。 そもそもこれまでの民間の医療保険は、入院や手術といったリスクに山を張った制度設計になっています。 その軸ともいえる入院日数が減少しているということは、以前より割増の保険料を払わされているとも言えるのです。 否定の理由2:高額療養費制度の存在 高額療養費制度は、医療費の月額の自己負担額の上限が、一定の金額で決められている制度です。 所得にもよりますが、病気による治療費がすべて合わせてもせいぜい十数万円程度と見込むことができるため、治療費が無尽蔵に膨れ上がることはありません。 私たちが普段払っている公的な医療保険制度には、このようにありがたい制度が組み込まれているのです。 否定の理由3:約款主義 約款主義とは、聞きなれないワードかもしれません。 …

Read More

【自動車保険の等級】契約年数や事故実績が保険料にどう影響するのか、具体的に解説

自動車保険の等級は、保険料に大きく影響することがありますが、「等級」とはどのような制度なのでしょうか。 保険料にどのような影響を与えるのか、自動車保険の等級制度の概要について詳しく解説します。 目次 自動車保険の等級制度とは? その概要について解説 契約年数の経過や事故実績によって変化する等級 自動車保険の等級は保険料にどう影響する? 自動車保険を解約した場合の等級の扱いについて 自動車保険の等級制度とは? その概要について解説 現在運用されている等級制度は2012年10月に改定されたもので、契約者の事故実績によって1等級から20等級に区分されます。 これは、保険料負担の公平化を図るためのもので、等級や事故実績に応じた割増引率が設定されています。 契約年数の経過や事故実績によって変化する等級 自動車保険に新規加入する場合、基本的に6等級からのスタートです。 複数所有新規の場合は7等級からのスタートします。 そして、契約年数の経過に伴い、7等級、8等級、というように1年ごとに1等級ずつ上がっていきます。 ただし、これはあくまでも保険を使わなかった場合の話で、等級ダウンの対象となる保険使用があった場合、翌年の等級は3つ下がります。 10等級の人がその年に事故を起こして保険を使った場合、翌年は7等級です。 等級の下がり方は受けた補償によって異なります。 ・ 対人賠償や対物賠償、車両保険などについては3等級ダウン ・ 同じ車両保険でも落書きやいたずら、火災、自然災害が原因である場合は1等級ダウン しかし、弁護士費用特約やファミリーバイク特約、個人賠償責任特約、人身傷害保険、搭乗者傷害保険などは、使用しても翌年の等級に影響しません。 自動車保険の等級は保険料にどう影響する? 自動車保険の等級は、保険料の算定に大きく影響します。 損害保険会社が、等級ごとに保険料の割引率を設定しているからです。 例えば、損保ジャパン日本興亜の自動車保険の場合、6等級の割引率は19%となっており、7等級は30%、8等級は40%、9等級は43%、というように等級が上がるにつれ割引率も高くなります。 ただし、割引率には「無事故割引率」と「事故有割引率」の2種類があり、同じ20等級でも、無事故であれば63%の割引率が適用されるところ、事故有割引率は44%です。 保険を使った場合、等級ダウン数に応じて3年ないし1年は「事故有割引率」が適用されるため、その間は、同じ等級でも高い保険料を支払います。 自動車保険を解約した場合の等級の扱いについて 自動車保険の等級は、「中断証明書」を発行することにより、10年間保存することが可能です。 …

Read More

家に車が2台以上あるなら自動車保険はミニフリート契約で節約できる

最近では、自動車は1家に1台ではなく、家族ひとりに1台というケースも少なくありません。 お正月が過ぎると、教習所には多くの若者が免許取得のためにやってきて、春には初心者マークを貼った自動車の台数が増えます。 自動車本体の他に自動車保険にお金がかかりますが、何かと出費の多い春なので、できるだけ安く抑えたいものです。 そこで、今回は個人の自動車保険を一括りにできるミニフリート契約を利用して保険料を節約する方法をご紹介していきます。 目次 フリート契約とは 個人向けのフリート契約ともいえるミニフリートとは ミニフリート契約の割引はどれだけある? 月払いでも保険料が年払いと同じ ミニフリート契約で注意しておく点とは 条件やメリットを把握しておけば断然お得なミニフリート契約 フリート契約とは 自動車保険には、ノンフリートとフリートの2種類があり、それぞれ保険料が違ってきます。 自動車保険はノンフリート契約が前提ですが、10台以上自動車を保有していれば、ノンフリート契約の対象です。 ただ、10台以上保有しているのは法人または個人事業主が大半で、個人ではほとんどフリートというワードを聞くことはありません。 フリート契約とは、自動車保険を一括りで契約することによって、割引を高くする契約のことです。 最大で70%の割引があり、全ての自動車に適用されますが、条件がいくつかあります。 ・ 自動車の保有台数10台以上 ・ 車両使用者の名義が同じ ・ 保険料引落口座が同じ これらをクリアして保険会社の審査が通れば、フリート契約が可能です。 個人向けのフリート契約ともいえるミニフリートとは 保険料が安くなるフリート契約ですが、自動車を10台以上、保有している家庭はほぼありません。 多くても4〜5台といったところですが、この4〜5台が家計を大きく圧迫させます。 そこで、各保険会社では、個人向けのフリート契約として【ミニフリート契約】という方式を取り入れました。 ミニフリート契約の割引はどれだけある? ミニフリート契約は、同一世帯で保有している自動車が2台以上で加入でき、台数によって割引率が変わります。 …

Read More

【自動車保険】子ども(20歳以下)が運転デビュー 保険料を節約する方法はコレ

春先になると、自動車教習所の自動車をよく見かけるようになります。 新年度に向けて、進学や就職に必須アイテムの運転免許証ですが、めでたく取得できてもそれまでの費用は決して安いものでありません。 取得後は、自動車の購入や自動車保険など、また費用がかかります。 今回は、なにかとお金のかかる自動車関連の費用から、少しでも節約できる自動車保険の掛け方について解説していきます。 目次 新規での加入は高額 家族で自動車保険を譲渡することで節約になる 期間限定の運転であればちょい乗り保険をかける 自動車保険を譲渡する際の注意点 自動車保険の特性をいかしてうまく節約をする 新規での加入は高額 自動車保険は、若者に対して金額設定が厳しい傾向があります。 一般的な年齢の区切りは、下記の通りです。 ・ 年齢問わず・ 21歳以上・ 26歳以上・ 35歳以上 初めて免許を取得しても、年齢差で保険料は違います。 小型普通自動車に、車両保険70万(車対車+A)本人限定を付けた場合の保険料を挙げてみました。 【一時払い・6S等級】 年齢問わずの場合:38万7,180円35歳以上の場合:15万140円 その差は、なんと20万円です。 車両保険をつけなかったとしても10万円は違ってきます。 家族で自動車保険を譲渡することで節約になる 若い人にとって、大変厳しい保険料の自動車保険ですが、やはり若者に対する事故のリスクは否めません。 しかし、自動車保険は譲渡することが可能です。 同居の親族間という規定はありますが、今加入している自動車保険を有効活用することで、保険料を抑えられます。 先程の小型普通自動車で、親が16等級で加入している自動車保険を18歳の子どもに譲渡した場合、18万4,330円です。 新規での加入であれば、38万7,180円なのでその差は、20万2,850円です。 …

Read More

生命保険は「死亡時の保険金」だけじゃない 活用次第で受け取りの増額もある「9つの機能」

一般的に生命保険とは、被保険者が病気や事故などで亡くなった場合に死亡保険金が受取人に支払われる保険です。 実は生命保険は、被保険者の死亡時以外にも活用できる9つの機能を持っているのです。 有効に活用できる機能がせっかくあるのに使う術を知らないのは、iPhoneを持っているのに電話しかしないようなもので、大変にもったいないことです。 今回は一般的にはあまり知られていない、生命保険のさまざまな機能についてお話しさせていただきます。 目次 生命保険の9つの機能 1. 高度障害 2. 解約・減額 解約 減額 3. 年金 4. 払い済み保険 5. 延長保険 6. 変換(コンバージョン) 7. 契約者貸付(けいやくしゃかしつけ) 8. 自動振替貸付(じどうふりかえかしつけ) 9. 転換(てんかん) 9つの機能はいつどのように活用するかが重要 生命保険の9つの機能 商品によっても異なりますが、生命保険には「死亡時に保険金が支払われる」こと以外にも、次のような9つの機能があります。 1. …

Read More

「自動車保険」は特約部分にこそメリットあり。「少ない出費で大きな補償」を得られる「2つの特約」

自動車保険は任意加入ですが、最近では加入することがユーザーの義務となりつつあります。 補償内容はしっかり確認しつつも、特約部分に関しては「保険料の節約ポイント」ととらえて注意していない契約者の方は意外と多いものです。 しかし、この特約部分こそが契約者にとって大きなメリットとなり、節約にもつながる場合があるのです。 今回は、節約につながる特約について解説していきます。 目次 自動車保険の特約とは 1. 手厚い補償で節約できる「個人賠償責任特約」 筆者の実体験 2. いざという時に助かる「ロードアシスト特約」 自動車保険は特約に着目して契約する 自動車保険の特約とは 自動車保険は、自動車事故で受けた損害を自賠責保険で賄えない場合に損害を補填するための商品です。 自動車保険には主軸になる補償があり、この補償を「基本補償」といいます。 基本補償は、保険会社によって内容に違いがあります。 各保険会社は、基本補償を手厚く補償するためのオプションとして「特約」という補償を構えているのです。 よく耳にする特約を挙げていきます。 ・ ファミリーバイク特約(人身型) ・ ファミリーバイク特約(自損型) ・ 弁護士費用特約 ・ 個人賠償責任特約 ・ ロードアシスト特約 ・ 事故・故障時代車費用特約 …

Read More